ハンドルされないエラーが発生する場合の対処方法│PAD講座

この記事では、Microsoft無料で提供しているRPA『Power Automate Desktop』で、フローを保存して閉じた際、ハンドルされないエラー_問題が発生しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。閉じてから、やり直してください。というエラーメッセージが表示される場合の対処方法を説明します。

その他、フローを実行・編集しようとした場合、該当のフローの各ボタンがグレーアウトになってしまい、実行編集もできない状態や、Webページの特定のUI要素が取得できない状態が発生することもありましたが、今回の対処方法のあとは同時に解消されました。

画像付きで解説しますので学習中の方やお困りの方は、ぜひご一読ください。

目次

バージョンアップにより高い確率で解消される

Power Automate Desktopで発生する下記のエラーや不安定な症状は、Power Automate Desktopバージョンをアップすることで高い確率で解消されるようです。

ハンドルされないエラー

フローを保存して閉じた際、下記のエラーメッセージが表示されることがあります。

<エラーメッセージ>

ハンドルされないエラー
問題が発生しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。閉じてからやり直してください。

フローの実行・編集ができない

前記、ハンドルされないエラーのほか、フローの実行編集のボタンがグレーアウトしてしまい、操作ができない状態が発生することがあります。

<フロー実行・編集不可>

上記エラーは、フローを保存したあとにほぼ毎回発生していました。Power Automate Desktopを再起動しても改善されず、だいぶ長い時間(数十分)放置したあとに勝手に改善されていました。

WebページのUI要素が取得できない

バージョンアップ方法

なお、バージョンアップには新たにインストーラーをダウンロードしインストールする必要がありますが、既存のフローが消えることはありませんでした。(あくまでわたしの場合)
ただし、毎回、わたしと同じ環境とは限りませんので、フローはバックアップをとっておくことをおススメします。

<参考>

①公式ページよりダウンロード
②上記①でダウンロードしたインストーラーを実行
③既存のバージョンが古ければ次へをクリック

左下のバージョンは、新規でダウンロードしたインストーラーのバージョンで、既存のバージョンは、現在パソコンにインストールされているバージョンです。同じであれば、最新のバージョンがインストールされているため、実行する必要はありません。

④使用条件やプライバシーに関する声明を確認したあと、赤枠の箇所に
インストールをクリック
⑥進捗状況トラッカーが表示される
⑦この画面が表示されればアップデート完了

補足_バージョンの確認方法

下記の方法で、現在パソコンにインストールされているPower Automate Desktopバージョンを確認することができます。

<バージョン確認方法>

ヘルプをクリック
バージョン情報をクリック
③バージョンが表示される

あとがき

Power Automate Desktopは、リリース間もないことから、まだインターネット上にも情報が多くありません。

今回のハンドルされないエラーについて、調べてみたところ、「フロー内でエラー処理がされていないことが原因」という情報もありました。

ただし、エラー処理とは全フローに必ず必要という工程ではありませんので、現時点でその情報の真偽は不明です。もし、お使いのPower Automate Desktopバージョンが最新ではないのであれば、今記事のようにバージョンアップで対応することをおススメします。

本格的にUiPathを学習するなら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

RPAの国内の黎明期よりユーザー部門・研修講師・エンジニアとして携わっている。
その他、webs-studio.jpをメインに、6つのブログサイトを立ち上げており、合計で月間数万PVのメディア運営を行っている。



姉妹サイト一覧

目次
閉じる