UiPathがクラウド化!?Automation Cloudとは何か?

2020年5月、UiPathより「Automation Cloud」という新製品が発売されました。UiPathは、国内で使われているRPAソフトウェアの中で屈指の性能を誇り、現に世界・国内ともにトップクラスのシェアを獲得しています。

ただ、その製品群は非常に複雑でユーザーにとっては少し把握し辛いものとなっています。そんな中で新たな製品群に加わった「Automation Cloud」について、今回の記事で紹介したいと思います。

目次

Orchestratorのクラウド版

Automation Cloudは、UiPathが、RPAの管理・監視を目的として販売しているOrchestratorのクラウド版(SaaS)のようです。従来、Orchestratorには下記の3種類が提供されていましたが、いずれもパソコンまたはサーバーにインストールするタイプとなっていましたが、Automation Cloudはそのクラウド版と位置付けられます。

Community

評価とトレーニング目的でのみ使用することができます。

Basic

StudioおよびRobotの接続台数はそれぞれ、最大5台です。

Standard

StudioおよびRobotの接続台数に制限はありません。

開発環境ではない

Automation Cloudのリリースにより、「UiPathがクラウド化」という情報も見かけるようになりましたが、現時点ではOrchestratorの機能のみがクラウド化されており、Studioとして提供されている開発環境はパッケージされていません。

つまり、Studioを用いたプロセス(ワークフロー)の開発は、従来通りの環境で行います。

ただし、UiPath社の発表記事を確認する限り、昨今の世間的ニーズに合わせて、Studioを含めたクラウド化も見据えているように思えます。(確信情報はありません)

クラウド化のメリット

既存のOrchestratorをクラウド化することによって、社内でOrchestratorの環境を構築するためのハードウェア等が不要になります。一般のクラウドサービスと同様、場所を問わずに社内のRobot(UiPath)を管理・監視できることは大きなメリットでしょう。また、リスク管理の観点でもよりセーフティーな環境を構築することができます。

本格的にUiPathを学習するなら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

RPAの国内の黎明期よりユーザー部門・研修講師・エンジニアとして携わっている。
その他、webs-studio.jpをメインに、6つのブログサイトを立ち上げており、合計で月間数万PVのメディア運営を行っている。



姉妹サイト一覧

目次
閉じる