UiPathのアクティビティとは?ワークフローを構成する部品です

今回の記事では、UiPathの基本に立ち返って、ワークフローを構成する「アクティビティ」について説明します。

RPAとは、プログラミングコードを記述しなくても「ブロック」のようなアイテムを組み合わせることで、パソコン上の作業を自動化することができるソフトウェアです。

UiPathでは、その「ブロック」のことをアクティビティと呼んでいます。

では早速、UiPathを使うための最低限の知識である「アクティビティとは」について、具体的に学習してみましょう。

目次

アクティビティとは

構成部品

わたしが知っている限り、すべてのRPAソフトはある動作をするプログラミングの塊を「パーツ化」して、そのパーツを組み合わせることによって、業務の自動化を実現します。

この「パーツ」のことをUiPathでは、『アクティビティ』と呼んでいます。

RPAソフトウェアによって、呼び名は違いますが、実態はある動作をするプログラミングの塊です。たとえば、プログラミング言語ではコードとして記述する必要がある小さなタスクが『アクティビティ』です。

逆にいえば、プログラミング言語を使いこなせる人はRPAを使う必要はありません。

UiPathのワークフローはアクティビティの組み合わせ

アクティビティは多くの種類があり、様々な用途ごとにカテゴリ分けされUiPath Studioの左側に表示されています。

※下段のタブで「アクティビティ」が選択されている必要があります。

アクティビティ

RPAは事務作業を自動化するためのソフトウェアですが、事務作業の代表的なアプリケーションであるExcelは、アクティビティタブ内で専用のカテゴリが設けられていて、Excel作業の様々な処理を自動化することができます。

Excelのカテゴリ

ただし、Excel作業に限定するとUiPathよりもマクロ(VBA)のほうが速度、カスタマイズ性、すべてにおいて優秀です。これはプログラマーには常識ですが、意外に知られていません。RPAのほうが優秀と思われがちです。

配置方法

UiPath Studioの左側のアクティビティから、任意のアクティビティをデザイナーパネル内にドラッグすることで、アクティビティを配置します。

プログラミング知識

今回の記事では、UiPathのアクティビティについて、簡単に紹介しました。

そして、当サイトでは何度も説明していますが、「RPAはプログラミングの知識」が必要です。

この記事でご覧いただいたように、アクティビティの配置やUiPathの操作自体は、ビジュアル的に行うことができますが、アクティビティの組み合わせや、そもそも業務を分解してフロー化すること自体、プログラミングそのものだからです。

本格的にUiPathを学習するなら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

RPAの国内の黎明期よりユーザー部門・研修講師・エンジニアとして携わっている。
その他、webs-studio.jpをメインに、複数のブログサイトを立ち上げており、合計で月間10万PVのメディア運営を行っている。



姉妹サイト一覧

目次
閉じる